完済記念日

今日は個人的なことで記念すべき日となった。

 

5年ほど前、僕がまだ東京に来る前に住んでいた仙台時代に組んでいたローンの返済が今日の振込で完済した。毎月5000円づつ返済し続けてようやく今月終わった。

 

当時僕は一人暮らしで家賃2万7千円の安アパートに住み、バイトしながら細々と暮らし、創作活動を続けていた。金銭的余裕などまったくなかった。が、今の嫁と知り合い、恋をした。彼女は東京在住。2か月に一度ほど東京へ高速バスで通った。そんなつきあいを1年か2年ほど続けていたら二枚のカードのリボ払い額もけっこうふくれてしまった。東京で彼女と暮らそうと決め、ローンを一本化して返済することにしたのだ。それが今日終わった。

 

ようやくあの時代のしがらみから解放された気がする。当時の自分にとってカードだけが頼みの綱だった。未来の自分を信用して現在の時間を買う。それがローンだと思う。おかげで彼女とのよい思い出を手に入れ、二人は結ばれた。

 

ローンは好きじゃないが、場合によっては未来の自分を信じるしかない時もある。